初心者でも大丈夫!トマトの育て方とコツを学ぼう|Agriculture And Gardening

家庭菜園でも人気の野菜

夏野菜の代表とも言えるトマトは、家庭菜園でも人気の野菜です。トマトを育てたいと思っている初心者の方は、わからないことも多いかと思います。そんな方のためにトマトの育て方に関する疑問をまとめてみたので、おいしいトマトを作る際に役立ててくださいね。

気になるトマトのQ&A

トマトの植える時期を教えてください

トマトの植え付けは4月中旬から5月上旬に植え付けます。遅くても7月中旬までには植え付けましょう。

トマトの水やりの頻度は?

甘いトマトを作りたい場合は、水分の量を調節しなければいけません。水はけを良くし、乾燥気味に枯れない程度に日当たりの良い場所で育てましょう。

初心者におすすめのトマトってありますか?

ミニトマトがおすすめです。病気にもなりにくく、でたくさん取れるので初心者の方はミニトマトから始めてみてください。

トマトの育て方で注意することはありますか?

植え付けの際にナス科の野菜の隣に植えるのは避けましょう。また、雨避けや鳥避けを作るなどの対策方法を取り入れるといいですよ。

トマト

おいしい実を収穫するまで

健康番組でも取り上げられることの多いトマトは、人間の体にうれしい栄養がたくさん含まれている野菜です。サラダなど生で食べるのはもちろん、熱を加えて煮込みやお鍋にしても美味しいので、自家栽培で育てて積極的に食べてみましょう。初めにトマトの種をまきますが、ポットと箱に2つの方法があります。いずれの場合も複数の種をまき、発芽した後に間引くのがコツです。これを行うことで強く成長しやすい苗を選ぶことができます。ある程度育ったら、次に畑へ移します。土は深く耕して柔らかくした上で、苦土石灰や堆肥を混ぜ込んでください。植える際には、隣の苗と近づきすぎないようにしましょう。50センチ程度離しておけば大丈夫です。枝が伸び始めてきたら、支柱にひもで結びつけてやります。しばらく経つと花が咲くので、ホルモン剤を吹いた後に枝を軽く叩き、確実に受粉させるのが育て方で重要なポイントです。これを怠るとトマトの実がなりません。最後に赤く熟したところで収穫します。

肥料のやり方に注意

夏場が旬のトマトは、もともと寒さに強くありません。発芽させるには、暖かい時期を選んで種をまくのが重要です。天候によって気温が下がったときでも、適度に保温することで発芽が妨げられるのを防げます。霜にも弱いので、天気予報のチェックも欠かさないようにしましょう。これらのケアが難しいときには、苗を買ってくるのも賢い育て方です。実を大きくしようとばかり、肥料をやりすぎてしまうのは誤った育て方です。堆肥や化成肥料の量は決まっているので、割合も含めてそれらを守るようにしてください。特にバランスが崩れてしまうと、かえってトマトの実の出来が悪くなるので注意が必要です。他の野菜でも同じですが、栄養を行き渡らせるために随時、摘心を行います。小さな芽が見えたときは摘み取るようにし、花が咲き始めたらその上の方は茎ごと摘んでしまっても構いません。

広告募集中