庭に敷くなら砂利がおすすめ!敷く目安とコツ|Agriculture And Gardening
HOME>トピックス>庭に敷くなら砂利がおすすめ!敷く目安とコツ

砂利は使い勝手の良いアイテム

よく砂利が敷きつけられている庭を見たことはありませんか?見た目も凛として美しい砂利ですが、他にも様々な役割を果たしてくれるのです。庭に砂利を利用したい方に役立つ情報をまとめたので役立ててください。

砂利を敷く前に悩みを解決!砂利に関するQ&A

砂利を敷くメリットを教えてください

泥はねや雑草を防ぐことを目的に利用されていることが多いです。最近ではガーデニングとしても楽しむ方も多いです。

防犯目的になるって効きました。本当ですか?

防犯目的で庭に砂利を敷くと、人が歩く時に音が鳴るので防犯対策で取り入れる方もいます。

玉砂利ってなんですか?

玉砂利とは神社などでよく使われている砂利のことで、色々な種類があり見た目も美しいので景観を守りたい場所にも最適な砂利です。

沈み込まないように敷こう

砂利

抜いても直ぐに生えてくる庭のしつこい雑草にお困りなら、砂利を敷き詰めるのが得策です。その際は下に防草シートを敷いておくのが秘訣で、それによって砂利が自重で土に沈んでしまうのを防げます。また、砂利にも比較的リーズナブルな川砂利から、カラフルなタイプまで色々あるので庭に合わせて選ぶと良いでしょう。ホームセンターでも大抵販売されていますが、量が多い場合はネット通販を利用するのもおすすめです。これなら重い砂利を持って帰らずに済みますし、各ネットショップでは多彩な種類を揃えていますから、近くのお店で欲しい物が見当たらなかった時にも重宝します。

敷き詰める量の目安

砂利

どれぐらいの砂利を敷けば良いのかも気になるポイントですが、地面が上から見えないよう、最低でも3センチから4センチ程度は必要になります。1粒の大きさでも若干違うものの、この厚みで敷くには大体1平米に対して60キロから80キロが目安になります。2センチ程度の厚みでも地表は見えなくなるのですが、飛んできた砂がたまってそこから雑草が生えやすくなるので、できれば薄く敷かない方が良いでしょう。そして、砂利は雨風などで風化して減っていくため、敷き詰めた砂利の種類や商品名を記録しておくのが良策です。砂利が目減りして買い足しが必要になった場合でも、メモしておけば同じ砂利を買えますから、庭の景観を崩さずにメンテナンスできます。

広告募集中